2010年03月26日

郵政改革法案の最終案、首相「まだ調整必要」(読売新聞)

 鳩山首相は25日夕、亀井郵政改革相と原口総務相が発表した郵政改革法案の最終案について、「まだ議論すべきところが残っている。強力な案であることは間違いないが、閣議の場などで調整していくことが必要だ」と述べ、最終案の骨格であるゆうちょ銀行への預入限度額引き上げの是非などについて、閣内で議論をやり直す考えを表明した。

 26日の閣議で亀井氏らに指示する意向だが、担当閣僚が発表した政府の重要政策について、首相が仕切り直しを指示するのは異例の事態だ。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は、亀井氏から23日に最終案の報告を電話で受けたことを明らかにしたうえで、「閣内で議論する前にあたかもすべて決まったかのように発言された。調整前に発表したことはまずかった」と述べ、亀井氏らの対応に問題があったと指摘した。亀井氏が首相の了解を得て発表したと説明していることについても、「実際には了解ではない」と否定した。

 首相はこれに先立ち、首相官邸で仙谷国家戦略相、菅財務相らと対応を協議し、平野官房長官に関係閣僚間の調整を指示した。

 これに対し、亀井氏は25日夜、金融庁内で記者団に「首相が了解していないなんておっしゃるはずがない。了解されたから発表した。(首相は)全部OKと言ったんだ」と反論した。亀井氏は関係閣僚による議論についても、「私と原口さんの二人が関係閣僚だ。いろんな意見を聞いたうえで二人で相談して決めたことだ」と、否定的な考えを示した。

 政府は郵政改革法案について、4月中旬の閣議決定を目指しており、亀井、原口両氏が24日の記者会見で最終案の内容を発表した。

 しかし、ゆうちょ銀行への預入限度額を現行の1人当たり1000万円から2000万円に引き上げるなど骨格部分に、仙谷国家戦略相らが異論を唱えている。また、日本郵政グループ内の取引にかかる消費税の減免措置についても、閣内の見解が分かれている。

パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす−神奈川県警(時事通信)
強盗致傷で高校教諭を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)
<監禁致死>「止めて」懇願無視 運転の男起訴 名古屋地検(毎日新聞)
<村田元外務次官死去>日米密約調査を後押し(毎日新聞)
【きぼうの未来へ】山崎直子さん初飛行(下)集大成 家族の思い乗せて(産経新聞)
posted by ミズコシ キハチロウ at 20:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「警察への国民の信頼損なった」覚醒剤使用の元警部補に有罪判決 東京地裁(産経新聞)

 知人の女と覚醒(かくせい)剤を使用したとして、覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた千葉県警佐倉署の元警部補、佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=の判決公判が23日、東京地裁で開かれた。吉村典晃裁判官は「警察に対する国民の信頼はかなり損なわれた」として、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

 吉村裁判官は「覚醒剤事犯を取り締まる立場にありながら、女との不倫関係を維持することに心を奪われ、繰り返し覚醒剤を使った。刑事責任は重い」と指摘。一方で、「警察官の身分を失い、妻とも離婚せざるを得なくなった」と執行猶予の理由を述べた。

 検察側によると、佐藤被告は覚醒剤事件の捜査を通じて女=同罪で公判中=と知り合い、交際を開始。昨年3月から覚醒剤を使い始めたという。

 判決によると、佐藤被告は昨年12月、同県佐倉市の駐車場に止めた乗用車内で、女に覚醒剤を自分の腕に注射させた。

【関連記事】
千葉県警元警部補 覚醒剤使用「間違いありません」 地裁初公判
覚醒剤所持の警部補、使用で再逮捕へ 警視庁、本人は否認
薬物捜査員の「キメ友」は元容疑者…クスリと女にハマった刑事の“修羅”
警部補が使用主導か 覚醒剤所持、女が出頭し発覚
「深くおわび」覚醒剤所持の警部補逮捕で千葉県警が陳謝
20年後、日本はありますか?

牛丼「すき家」ご難、横浜と千葉県の店に強盗(読売新聞)
<地震>千葉県で震度3=16日午前7時30分ごろ(毎日新聞)
県警課長補佐、駅で倒されけが=国交省係長を逮捕−神奈川県警(時事通信)
ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)
室内に血痕なし=切断遺体の女性会社員宅−福岡県警(時事通信)
posted by ミズコシ キハチロウ at 01:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

公明 民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)

 公明党の山口那津男代表は15日、福岡市で開かれた「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、今夏の参院選について「現有11議席維持が最優先課題だ。自らの足場がしっかり固まれば、その後のいろいろな展開が考えられる状況は出てくる」と述べ、選挙後の鳩山政権との連携も視野に入れていることを示唆した。

 また、最近の民主党との接近については「『公明党にすり寄ってきた民主党』との表現が正しいのではないか。公明党は一貫して政策の実現を推進する」と指摘した。【田所柳子】

【関連ニュース】
公明党:今夏参院選、他党の推薦せず…自民との協力見直し
鳩山首相:公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応
公明党:新代表に山口氏内定
鳩山首相:公明に「配慮」 国会運営、参院選にらみ
党首討論:政策論議置き去り 谷垣・自民総裁、追及に新味なく/首相、公明には配慮も

【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(5)繰り返される薬害、教訓に(産経新聞)
手まりで春の花 「日本てまりの会」の手作り作品を展示 中央区(産経新聞)
<雑記帳>トビウオ使ったカレー限定販売へ 和歌山・串本(毎日新聞)
地方公務員も「老後に不安」 年金、生活資金…8割超(産経新聞)
牛丼店強盗事件に店員が便乗、1万円盗む(読売新聞)
posted by ミズコシ キハチロウ at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。